オノコムグループ レオック

STAFF VOICE私たちがお手伝いします

ワクワクしながらお手伝いをしています。
何でも相談していただけるように
知識をどんどん吸収していきたいですね。

ハウス事業部デザイン室都築 由佳
インテリアコーディネーター

一軒一軒違う表情の家に、
毎回ワクワクしています。

小さな頃から間取りや設計図を見るとワクワクしてしまう子どもでした。建築とは関係ない学部を卒業しましたが、仕事をするなら住宅に関わりたいと思い、レオックに入社しました。入社後2年間、ホームアドバイザーとして住まいの総合プロデュースを担当したのち、R+houseのインテリアコーディネーターに。
私が担当するR+houseブランドの特徴は、アトリエ建築家がつくる、性能とデザインのどちらも併せ持つ住まいを手に届く価格で実現できるところです。R+houseに所属する全国の建築家がつくったプランにどんな質感や色味を加えようかとワクワクしながら取り組んでいます。

「この人なら大丈夫!」と
安心して頼れるコーディネーターを目指します。

好みのテイストが明確なお客様もいれば、「いい感じにして欲しい!」とまるっとお任せされる場合も。お客様のご要望に合わせて、3Dパースや施工物件の写真、壁紙や建材などのサンプルを用いて、完成後の住まいをイメージできるように工夫を加えてご提案しています。
私はお客様のご要望を形に変える提案力だけでなく、気兼ねせずになんでも相談できるような信頼関係を築けるかが家づくり成功の秘訣だと思っています。「この人なら大丈夫!」と安心して頼ってもらえるよう、お客様の話にしっかりと耳を傾け、家づくりのお手伝いをしています。

これからも、初めて経験する仕事でも臆せずに挑戦し続けます

インテリアコーディネーターの仕事は照明器具や壁紙などのご相談はもちろん、カーテンや置き家具、収納計画などご相談の内容も様々です。ホームアドバイザーとして家づくり全体に関わっていた頃と比べて、より専門的な知識や経験が求められる仕事に携わるようになりました。また、今までご提案したことのないデザインやライフスタイルを望まれるお客様も増え、どのようにご要望に応えられるか、経験豊かな職人や工事監督と相談しながら、臆せずに思い切って挑戦しています。「こんな風に暮らしたい」とのご希望は、ぜひ気兼ねせずにお話しください。

▲TOP